Replacements

戦争映画の紹介サイト

プロフィール

Bastogne

Author:Bastogne
自分の好きな戦争物を紹介していきたいと思います。

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ track link Replacements

スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1 Carbine

主にアメリカ軍が使用している半自動小銃です。
映画では、プライベート・ライアンのホーヴァス軍曹が使用しています。

あまり聞いたことがない銃なので、さらりと紹介したいと思います。

M1カービン開発経緯
Wikipediaより引用
1930年代のアメリカ陸軍では、飛行場・前線基地・占領地の警備などを主とする後方部隊用の警備用火器として、拳銃や小銃・短機関銃が使用されていたが、小銃では重く取り回しが容易ではないこと、短機関銃は重い上に射程距離が短く、拳銃は軽便だが射程距離が短く威力も低い上に、安全で正確な取り扱いに熟練するのに時間がかかるという問題を抱えていた。

そこで長時間持ち歩いても、疲れない銃が開発されたようです。
しかもM1カービンの設計者の一人は、刑務所に服役中であったとされています。

M1カービンにはいろんなバリエーションがあるのですが・・・
ブラウザクラッシュで記事が飛びましたのでこの辺で・・・

ブラックホーク・ダウン

今回紹介する戦争映画は、有名な「ブラックホーク・ダウン」です。

公開年:2002年3月30日
時代背景:ソマリア内戦
視点:アメリカ軍
ストーリー:  1993年、泥沼化する内戦を鎮圧するためソマリアに兵士を派遣したアメリカ。なかなか収束しない内戦に焦り始めたクリントン政権は、10月3日、ついに敵対するアディード政権の本拠地への奇襲作戦を決行するため特殊部隊を投入した。作戦はものの1時間足らずで終了するはずだった。しかし、敵の思わぬ逆襲に遭い、ヘリコプター(ブラックホーク)が撃墜されてしまう。敵の最前線で孤立する兵士たち。やがて、救助に向かった2機目も撃墜されてしまう。その間にも、兵士たちは必死に応戦するが、一人また一人と仲間が倒れていく……。



感想:ブラックホーク・ダウンはかなり昔に見たのですが、また見たくなり見直しました。
比較的新しい映画の為、映像・音楽ともにいいです。
ミリタリー的にも、銃撃戦が激しいのでとてもお勧めの映画です。
ただ、登場人物が多いため一回見たぐらいじゃ、いまいちわかりにくいです。
海外ドラマの「プリズン・ブレイク」のマホーン役に出ているウィリアム・フィクナーが出てたのに
驚きました。
自分の知ってる俳優さんが以外な所で見かけるとなんか嬉しいよね?

戦闘シーン:5
ストーリー:5
時代背景:5
グロテスク:3
総合:5

ブラックホーク・ダウン スペシャル・エクステンデッド・カット(完全版) [DVD]
B000IMUX70

僕の村は戦場だった

公開年:1963年8月
時代背景:第二次世界大戦
視点:ソ連
ストーリー: ドイツ軍の攻撃で家族を失った12歳のイワン。少年偵察兵としてパルチザンに参加した彼は、ドイツ軍の情報をソ連側に伝える任務を背負い、衝撃的な末路を迎える。少年の視点から戦争の悲惨さを訴える。



感想:イワン(主人公)がドイツ軍の攻撃を受けて孤児になったのは、冒頭でもわかるがなんで大尉と知り合いになったとかある程度の地位?を持ってるのか疑問に残ったままです。
恐らく少年偵察兵として優秀?だったのだろうと思いますが・・・

ミリタリーとしては、銃・兵器でドンパチというシーンは無く、物足りないかもしれません。
後編のイワンが偵察しにいくとき、「跳ねてみろ」っていう会話が本物っぽくてよかった。
偵察中に余計な音を出さない為のようです。

最後、イワンの結末シーンがないのが少し残念です。

戦闘シーン:0
ストーリー:4
時代背景:5
グロテスク:2
(最後にグロテスクな映像があります)
総合:3

僕の村は戦場だった [DVD]
B000ECY5LO

宇宙戦争

公開年:2005年6月29日
時代背景:現代
視点:特になし
ストーリー:雲ひとつ無い晴天に包まれた、アメリカ東部のある町に突如として異変は起こった。
上空で発生した激しい稲妻の1つが地上に落ち、その落下した地下深くで巨大な何かが大地を震わせ蠢き始めた。そこに居合わせたレイ(トム・クルーズ)は、常識では考えられない現象に直面し、恐怖に怯える人々と共にそれを見ていた。そして遂に、人類が体験した事の無い異星人達の地球侵略が開始されようとしていた。



感想:まぁ世間の評判は、あんまよくない。壮大な製作費の割りに肩透かしを食らう映画です。
でもSF好き+戦争好きとしては見ないといけないので、だいぶ前に見ました。
大昔の宇宙人の戦略機械を呼び起こして、宇宙人が地球を侵略するというお話で
途中血?みたいなのをばら撒くシーンがあるんだけど、あれは宇宙人が住みやすくするためのものだと自分で解釈した。

もっと地球人がフル装備して宇宙人との対決を描いてくれれば、違う評価になったんじゃないかなぁって思います。

次はちゃんとした戦争もんを紹介します。でも「僕の村は戦場だった」がちょっと気になる。。
宇宙戦争 [DVD]
H.G.ウェルズ
B000BC8IYW

↑かなり安い(苦笑)

戦争映画が好きになったきっかけ

みんなそれぞれ趣味になる理由ってありますよね?
運動が好きだったり、惰性だったり、なんか色々?あると思います。

私が戦争映画を好きになった理由は・・・
色々あるんだけど、最初にきっかけとなったのは、
もうかなり前にやった一つのゲームがきっかけです。

「プロジェクトIGI」ってゲームでした。
2001年発売だそうでもう10年前のゲームっすね。

このゲームは、主人公のジョーンズがさまざまなミッションを隠密行動をしてクリアしていくゲームです。
隠れてスナイパーライフルで狙撃したり、監視カメラを破壊してから敵を攻撃したりと
昔のゲームの割りに画面も結構綺麗(当時は)ではまりました。
もう販売しておられないようですが、動画がありましたので紹介します。

入手される機会がありましたら、一度やってみてはいかがでしょうか。
おすすめですよ。


プロジェクトI.G.I. 完全日本語版
B00009ELG3

Copyright (C) Replacements All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。