Replacements

戦争映画の紹介サイト

プロフィール

Bastogne

Author:Bastogne
自分の好きな戦争物を紹介していきたいと思います。

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ track link Replacements

スポンサード リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠すぎた橋

今回紹介する戦争映画は、「遠すぎた橋」です。

公開年:1977/07
時代背景:第二次世界大戦のマーケット・ガーデン作戦
視点:連合国+独逸
ストーリー:ノルマンディ上陸作戦から3ヶ月後の1944年9月、連合軍によってオランダ・ドイツ間の5つの橋を占領すべく決行された“マーケット・ガーデン作戦”。それは、ノルマンディを凌ぐ壮絶な戦闘となった。4つの橋を次々と占領し、有利に戦いを進めていた連合軍だったか……。




感想:連合軍の最大の失敗である「マーケット・ガーデン作戦」が主題で、どんな内容だったのかを描いた作品です。
まず!連合軍+独軍の視点で描かれる為、「え、これどっちの軍?」ってなる人もいると思います。
地図を把握して、どの隊がどこにいて何をする。などちゃんと把握して見ないとわからなくなります。
実際、ちょっとわからない所もあったり・・・。
(詳しい人は、わかるんだろうけど・・・)

内容はちょっと難しいけど、連合軍の落下傘兵の落下シーンは、かなり見ごたえがあります。
古い映画なので、CGを一切使ってないので、ちょっと感動物です。
しかもマーケット・ガーデン作戦には、私の好きな米第101空挺師団が参加してるので、
それだけでも楽しめました。
また後半、イギリス軍が撤退するときに、救助したのは、BOBにも同じシーンがあるので
「おお!あのシーンか!」ってなりました。

戦闘シーン:5
ストーリー:3
時代背景:5
グロテスク:1
総合:4

遠すぎた橋 アルティメット・エディション [DVD]
B000KQFCJI


この映画の元になった書籍です。こちらもお勧めです。
遥かなる橋 上―史上最大の空挺作戦 (ハヤカワ文庫 NF 57)
遥かなる橋 下  ハヤカワ文庫 NF 5
スポンサーサイト

Comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

Copyright (C) Replacements All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。